クレジットカード現金化のメリットとデメリット

クレジットカード現金化は、急にお金が必要になったときに便利なので、利用する人が増えています。クレジットカードを使って現金化するメリットは何なのでしょうか?

まず最も大きなメリットは、お金を借りるときのような審査がなく、クレジットカードを持っている人なら誰でも利用できることです。消費者金融などでお金をかりる場合、すでに他社からお金を借りている人や、自営業や主婦、学生の場合は貸し付けを断られることがあります。特に総量規制で年収の3分の1しかお金を貸してはいけないことになってからは、審査が厳しくなりました。しかしカードを使った現金化サービスは借金ではありません。誰でも利用できます。

審査が不要なので、すぐにお金が手に入るのもメリットです。事業の資金繰りなど急な出費で、すぐに現金が必要という場合にとても助かります。

しかしその反面、デメリットもあります。それはクレジット会社への借金が残ることです。カードの現金化は、クレジットカードで商品を購入し、それを現金に変えるサービスです。手数料が引かれますから、たとえば30万円で商品を購入して、業者が24万円で買い取るとった場合、24万円の現金が手に入りますが、カード会社に30万円を返済しなければいけません。支払日に30万円が用意できないと、返済できず困ったことになります。手軽に利用できる現金化サービスですが、計画的に利用することが大切です。