クレジットカード現金化の危険性とは?

クレジットカード現金化は危険だという話をよく聞きます。実際にはどうなのでしょうか。正解はイエスでもあり、ノーでもあります。現在クレジットカードの現金化を行っている業者は、良心的で信用できる業者と、金融業界でいうとヤミ金のような悪質な業者に分かれます。良心的な業者を利用した場合は、クレジットカードの決済日に商品購入代金をきちんと支払いさえすれば、ほぼノーリスクで利用できます。

しかし違法な悪質業者を利用した場合は、トラブルに発展する危険があります。悪質業者を利用して起こるトラブルで多いのが、業者から法外な手数料を請求されることです。また、商品を購入したのに代金が振り込まれないといった被害も目立ちます。さらに恐いのは、換金代金より多額のお金を振り込んで、高利で返済を要求する、個人情報をヤミ金業者などに知らせるといった、闇金融へと勧誘する業者です。

このような悪質業者にひっかからないことが、クレジットカード現金化の最大のポイントとなります。悪徳業者を見分けるポイントの一つは、提出を要求される書類にクレジットカードのコピーがあるかどうかです。申込時に必要な書類は、本人確認ができる書類のみです。クレジットカードのコピーまで要求する業者は、クレジットカードの情報を悪用しようとしています。絶対にかかわらないでください。