クレジットカード現金化と、取引停止

クレジットカード現金化サービスのリスクの一つに、クレジット会社に知られたときに、取引停止となる可能性があることが挙げられます。

本来、クレジットカードのショッピング枠は商品を購入するときに使うもので、現金を手に入れるために利用するものではありません。これは利用規約にも記載されていますから、クレジット会社に現金化をしていることがバレた場合、退会させられることがあるのです。そして退会時には残っている支払いを、一括で返済しなければいけません。リボ払いで返済するつもりで、現金化サービスを利用した人は、一括返済ができなくてトラブルへと発展する可能性があります。

しかし普通に利用していれば、クレジット会社にバレることはほとんどありません。クレジット会社はチケットや新幹線の回数券、ゲームなど現金化しやすい商品を購入するユーザーをチェックしていますが、キャッシュバック方式を利用すれば一般的な商品を購入したことになるため、クレジット会社は換金目的であることがわからないのです。ですから業者を利用している場合は、それほど心配することはありません。

ただしカードを使ってチケットやブランド品などを購入し、それを金券ショップやリサイクルショップに売っていると、購入履歴からクレジット会社にバレることがあります。カードの現金化は業者を利用する方が安心です。

クレジットカード現金化の危険性とは?

クレジットカード現金化は危険だという話をよく聞きます。実際にはどうなのでしょうか。正解はイエスでもあり、ノーでもあります。現在クレジットカードの現金化を行っている業者は、良心的で信用できる業者と、金融業界でいうとヤミ金のような悪質な業者に分かれます。良心的な業者を利用した場合は、クレジットカードの決済日に商品購入代金をきちんと支払いさえすれば、ほぼノーリスクで利用できます。

しかし違法な悪質業者を利用した場合は、トラブルに発展する危険があります。悪質業者を利用して起こるトラブルで多いのが、業者から法外な手数料を請求されることです。また、商品を購入したのに代金が振り込まれないといった被害も目立ちます。さらに恐いのは、換金代金より多額のお金を振り込んで、高利で返済を要求する、個人情報をヤミ金業者などに知らせるといった、闇金融へと勧誘する業者です。

このような悪質業者にひっかからないことが、クレジットカード現金化の最大のポイントとなります。悪徳業者を見分けるポイントの一つは、提出を要求される書類にクレジットカードのコピーがあるかどうかです。申込時に必要な書類は、本人確認ができる書類のみです。クレジットカードのコピーまで要求する業者は、クレジットカードの情報を悪用しようとしています。絶対にかかわらないでください。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは、クレジットカードで購入した商品を現金に換えるサービスです。現金に変える方法は主に買い取り方式と、キャッシュバック方式の2つです。ここでは買い取り方式について、ご説明します。

まずクレジットカードで商品券やチケット、ゲームソフト、貴金属、ブランド品など人気の高い商品を購入し、金券ショップやリサイクルショップ、質屋などに持っていって買い取ってもらうのが買い取り方式です。クレジットカードでショッピングをした品物を業者が買ってもらえば、その場ですぐに現金が手に入ります。業者にとっても売りやすい商品を安く購入できるというメリットがあります。

近年はお金を借りたくても審査が厳しく、急な出費でお金が必要なのに審査に通らなくて困ることがあります。そんなときにクレジットカードを使ってお金が手に入れる「クレジットカード現金化」サービスを利用する人が増えています。しかし、なかには悪徳業者もいますから、詐欺にだまされないよう業者を選ぶときは十分に注意する必要があります。

また日本クレジット協会では、クレジットカードによる現金化を禁止しています。カードを使って現金を手に入れるのは、会員規約に違反するためです。悪徳業者の被害にあう人も多いので、政府も注意を呼びかけています。カードの現金化には、このようなデメリットがあることも理解しておきましょう。

カードタイプのAmazonギフト券でクレジットカード現金化をしたいなら

Amazonギフト券をクレジットカード現金化に利用する人が増えており、高還元率でサービスを提供する業者も増えてきています。とはいえ、ネットでEメールタイプの商品券を購入するよりも店頭でカードタイプのギフト券を購入したいという人もいます。そんな人にお勧めなのが「電子マネーの活用」と「ドンキホーテ」です。

カードタイプのAmazonギフト券はコンビニやデパートで購入が可能です。原則として支払いにクレジットカードは使用できないものの、電子マネーの利用は可能です。例えばセブンイレブンの電子マネー「nanaco」やイオングループ内で利用できる「WAON」などがあります。これらの電子マネーはクレジットカードでチャージができ、手数料もかからないので安心です。ただし1日当たりの上限チャージ金額は定められているので、まとまった金額の購入は難しいということを覚えておくと良いでしょう。

「電子マネーを使うのは面倒くさい」という人にはディスカウントストアの「ドンキホーテ」をお勧めします。ドンキホーテではAmazonギフト券を含む各種商品券が販売されており、支払いにはほぼすべてのクレジットカードが利用できます。ただしギフト券の在庫数は店舗によって異なるので、まとまった金額を購入したいなら事前に注文しておくとより確実になると思います。