クレジットカード現金化と、取引停止

クレジットカード現金化サービスのリスクの一つに、クレジット会社に知られたときに、取引停止となる可能性があることが挙げられます。

本来、クレジットカードのショッピング枠は商品を購入するときに使うもので、現金を手に入れるために利用するものではありません。これは利用規約にも記載されていますから、クレジット会社に現金化をしていることがバレた場合、退会させられることがあるのです。そして退会時には残っている支払いを、一括で返済しなければいけません。リボ払いで返済するつもりで、現金化サービスを利用した人は、一括返済ができなくてトラブルへと発展する可能性があります。

しかし普通に利用していれば、クレジット会社にバレることはほとんどありません。クレジット会社はチケットや新幹線の回数券、ゲームなど現金化しやすい商品を購入するユーザーをチェックしていますが、キャッシュバック方式を利用すれば一般的な商品を購入したことになるため、クレジット会社は換金目的であることがわからないのです。ですから業者を利用している場合は、それほど心配することはありません。

ただしカードを使ってチケットやブランド品などを購入し、それを金券ショップやリサイクルショップに売っていると、購入履歴からクレジット会社にバレることがあります。カードの現金化は業者を利用する方が安心です。