クレジットカード現金化を利用してカード番号が流出したら

クレジットカード現金化は利用しやすい反面、トラブルに巻き込まれるリスクも高いサービスです。中でも最近増えているのが「クレジットカード番号の流出」というトラブルです。もしカード明細を見ていて見覚えのない購入履歴があった場合にはすぐにカード会社へ通知することが重要です。

「現金化サービスを利用したから連絡しにくい」と考える必要はありません。カスタマーセンターに連絡して「カードが知らない人に使われているようなので確認してください」というだけで大丈夫です。それから明細に書かれている内容を参照して不正使用と思われる購入履歴を伝えていきます。クレジットカードにはすべて盗難と不正使用に関する保険が付帯しており、自分以外の人が利用した分に関しては支払い義務が発生しない、ということを覚えておきましょう。

さらなる被害を防ぐため、カード番号を変更してしまうのも良い方法だと思います。これも電話でオペレーターに伝えるだけで手続きができます。特に不正使用が発覚したケースでは変更手数料を請求されることはまずありません。ただし申し込み後すぐにカードの使用は停止してしまうので、月々の支払いなどをそのカードで行っている場合は事前に他のカードへ切り替えておくと安心でしょう。