悪質なクレジットカード現金化業者とのトラブルになったなら

クレジットカードの現金化を扱う業者は多くの場合親切で良心的です。

とはいえ、中にはお金に困っている人をだまそうと考えている悪質な業者も存在しています。

では、「クレジットカード現金化業者による詐欺被害にあってしまった」という場合には、どうするのが最善でしょうか。

 

1つ目のステップは「消費者センターに相談すること」です。

消費者センターでは、現金化によるトラブルの相談が数多く寄せられており、どのようにお金を取り戻すための手続きができるかに関して、法律に基づいたアドバイスをしてくれます。

もちろん、業者が返金に応じる可能性は非常に低いのが現状です。

とはいえ、こうした情報を消費者センターに通知しておくことで、同じ業者による被害の拡大を防ぐ助けにはなるはずです。

 

2つ目のステップは「クレジットカード会社に通知すること」です。

「クレジットカードが不正に使用された」と伝えて、業者の手続きを止めてもらいましょう。

できるだけ早く通知することで、カード会社も迅速な対応を行なうことが可能となります。

「現金化業者に騙された」という詳細を伝える必要はありません。

むしろ、「勝手にクレジットカードの情報を使われてしまった」という点を強調することで、クレジットカードの使用停止になるリスクを低く抑えることができるはずです。

さらに現金化の申し込み時の個人情報の取り扱いには十分注意が必要です。

業者の中には優良店舗をよそって個人情報やクレジットカード情報を収集して、詐欺集団に転売していたり、騙して金銭を騙し取るような情報屋に流したりしていることも実際にあるようです。

必ず覚えておいてほしい事は、まずはなるべくなら利用しない事。

それが一番だと思いますが、どうしてもお金が必要で現金化業者を利用する際は、通常の買い物同様に必要以上の情報を相手に与えない事です。

個人情報を実際には確認しなければならない義務が業者側には存在します。

ですがそれは不正利用防止の確認、つまり本人かどうかの確認ですのでそれ以上の情報は提供する必要がございません。

そのあたりを理解して現金化を利用するだけでも大きな被害を回避できると思います。